とがブログ

本の紹介と、ぼくの興味があるテーマについて書きます。

変態さんの権利は守るべきか

こんにちは。冨樫純です。

 


独学で、社会学法哲学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル 

 


か弱き権利を守るヒーロー

 


満員の映画館で「火事だ!」と叫び、我先に出口に殺到する観客たちの慌てぶりを眺めたいサディストの権利はどうなるのだろう。

 


または「火事だ!」と叫んだあとの大混乱のなかで押しつぶされ、踏みつぶされそうになりながら出口へと向かう快感を夢想するマゾヒストの権利は?

 


法律による禁止のもとでは、彼らが熱望する 「至上の快感」を手にする可能性はあらかじめ失われている。

 


だが柔軟な市場経済であれば、需要のあるところに供給が生まれる。

 


満員の映画館で「火事だ!」と叫んでみたいというサディストやマゾヒストの需要があるのなら、企業家は十分な対価を得て、必要なサービスを提供しようと考えるだろう。

 


わたしは変態さんたちのために、「火事だ!」と叫ぶことを許された映画館があってもよいと考えるのだが、この議論は多数派の人たちにとってはたんなる無駄話としか思えないだろう。

 


それも当たり前で、彼らは虐げられた者たちの苦しみを、侮蔑や嘲笑をもって眺めることしかして

こなかったからだ。

 


他人の権利を暴力的に侵害しないかぎり、成人した変態さんが他人と合意のうえで契約を結ぶ権利は100パーセント認められるべきである。

 


彼らの権利をなんの価値もないものとして一笑にふすのは、多数派のあなたたちがファシスト的な考え方に染まっている証拠だ。

 


変態さんたちは、それが非暴力的なものであるかぎり、どのような退廃的な快楽に耽っても自由だ。

 


〝良識ある"多数派の人々は、映画を観にいくときに、「予期せぬ突発事故」が許可されている劇場を避ければいいだけだ。

 


もちろ ん変態さんが多数派の劇場に行くときは、彼らの燃え上がるような欲望を抑えなくてはならない。

 


自由な社会でも、満員の映画館で「火事だ!」と叫ぶことは契約によって禁止することができる。

 


だがそもそも言論の自由とは、ほかの「至高」の権利映画を邪魔されたり、出口で押しつぶされそうになったりしない権利―と対立するかもしれないなにかなのである。

 


言論の自由は弱い葦である。それは常に抑圧の危機にさらされている。わたしたちが手にした権利は、驚くほどか弱いものだ。

 


それゆえ、その権利をさらに弱めようとするあらゆる試みには断固として反対しなければならない。

 


感想

 


わたしは変態さんたちのために、「火事だ!」と叫ぶことを許された映画館があってもよいと考えるという筆者の意見は極端だと思います。

 


ただ、賛同はできませんが、おもしろいと思います。

 


下記の本を参考にしました 

 


『不道徳教育』

 ブロック.W 他1名

 講談社

 

flier(フライヤー)

 

 

 

 

 

 

 

恐喝合法化で犯罪が減る?

こんにちは。冨樫純です。

 


独学で、社会学法哲学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル  恐喝合法化で犯罪が減る?

 


ほとんどの人が、脅しは不道徳だと考えている。 「暴力的な権利の侵害」についての一般的な見解は、暴力そのものはもちろん、脅しをも含んでいるからだ。

 


たしかに盗賊が旅人に声をかければ、それはただちに暴力的な権利の侵害になるだろう。

 


ここで「脅し」の本質を考えてみよう。

 


脅しの内容が暴力的なものであるとき、その脅しを非難するのは正当である。

 


なんぴとも、他人をいきなり殴りつける権利を持ってはいない。

 


恐喝は、恐喝する者とされる者のあいだに特別な関係が存在する場合にのみ違法となりうる。

 


たとえばある人が、守秘義務を信じて彼の秘密を弁護士に打ち明けたとする。

 


この弁護士がその秘密を使って彼を脅せば、それは顧客との契約を破ることになり、明らかに違法である。

 


しかし、秘密を知ったのが契約上の義務を負わない第三者であれば、彼が沈黙を売ろうとすることは違法とは言えない。

 


さらに言えば、恐喝は社会に対してよい効果を発揮しさえする。

 


たまたま網にひっかかってしまった不幸な犠牲者を除いて、恐喝者は通常、だれから金を巻き上げようとするのか?

 


その標的は、主として二つのグループに分けられる。

 


ひとつは、殺人犯、強盗、詐欺師、横領犯、 レイプ犯などの犯罪者グループである。

 


もうひとつは、それ自体では違法ではないものの、多数派の慣習や道徳に反する行為を行っている人々、同性愛者、変態、性倒錯者、不倫のカップルなど、である。

 


恐喝は有益な、しかしそれぞれ異なった効果をこのグループにもたらす。

 


犯罪者に対しては、恐喝や脅しは犯罪にさらなるリスクを加えることで抑止力としてはたらく。

 


どれだけたくさんの匿名のタレコミ―その価値はどんなに高く評価してもしたりないほどだ。

 


直接的にせよ間接的にせよ、恐喝者から警察に届けられることか。

 


たった一人で犯罪者が、恐喝や密告を恐れ、犯罪者仲間に助力を求めるのをあきらめて、実行するよう余儀なくされたことか。

 


さらには、犯罪に手を染めるすれすれのところにいる人たち— 経済学者なら 「犯罪の限界効用曲線上の人々」とでも言うだろう―のことを考えてみよう。

 


彼らはほんのささいなきっかけで後戻りできない道に踏み出してしまうのだが、恐喝や密告の恐怖が、ときには犯罪を思いとどまらせる最後の防波堤になることもある。

 


もし恐喝が合法化されれば、間違いなく犯罪に対する抑止効果は上がるだろう。

 


合法化は確実に恐喝を増加させ、犯罪者集団はこのあらたな略奪者の登場に震えあがるにちがいない。

 


犯罪の発生を抑えるもっとも効果的な方法は、罰則の強化ではなく検挙率を上げることだと言われる。

 


この話題は死刑制度の是非に関する議論のなかで取り上げられることが多いのだが、ここでは、恐喝は罰則の強化と検挙率向上の両方の効果を発揮するということを指摘しておきたい。

 


犯罪者は、せっかくの戦利品を恐喝者と分け合うよう強いられることで、より多くの罰を受ける。

 


さらに、警察や市民団体や自警団に恐喝者がくわわることで、逮捕される可能性も高まることになる。

 


多くの場合、恐喝者自身が犯罪者集団の有力な構成員であり、彼らは犯人を特定するのにきわめて有利な立場にある。

 


彼らの有用性は、マフィアに潜入した覆面捜査官―彼らは与えられた役割を演じなければならないをも凌ぐのだ。

 


感想

 


恐喝合法化で犯罪が減るというのは、極端な意見だと思いました。

 


下記の本を参考にしました 

 


『不道徳教育』

 ブロック.W 他1名

 講談社

 

flier(フライヤー)

 

 

 

 

 

 

 

恐喝者を肯定する

こんにちは。冨樫純です。

 


独学で、社会学法哲学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル  

 


世の中は恐喝者だらけ

 


「恐喝はほんとうに違法なのか?」

 


この疑問にこたえるのは、一見、それほど難しいことには思えない。

 


起こりうる唯一の問題は、 「なんでそんなバカなこと聞くんだ?」と逆に詰問されることくらいだろう。

 


「恐喝は犯罪だよ。なんでって? ええと……、だって恐喝だろ」

 


恐喝者は人々の隠された暗い秘密を餌食にする。

 


彼らはその秘密を暴露し、公表すると脅す。

 


犠牲者から金を巻き上げ、 しばしば自殺に追い込む。

 


しかしながらわれわれは、恐喝に敵対する主張が正確な分析に基づいていないことをここで示したい。

 


それらの議論は、裏づけのない思い込みや誤解の集積に基づいている。

 


恐喝とはなんだろうか?

 


恐喝は、取引の申し出である。より正確には、「なにかあるもの(通常は沈黙)と、ほかのなにか価値あるもの(通常は金) の取引の提示」と定義できる。

 


もしこの申し出が受け入れられれば、恐喝者は沈黙を守り、恐喝された者は合意した代金を支払う。

 


もしこの申し出が拒否されれば、恐喝者は言論の自由を行使して秘密を公表する。

 


この取引には、なんら不都合なところはない。彼らのあいだで起きたことは、沈黙の対価としていくばくかの金を請求する商談である。

 


もしこの取引が成立しなくても、恐喝者は合法的に言論の自由を行使する以上のことをするわけではない。

 


ゴシップ記者は恐喝者よりもたちが悪い。

 


「恐喝者は対価に応じて事実の公表を差し控える」ということである。その意味で、恐喝者は、恐喝される者に沈黙のチャンスを与える。

 


ゴシップ記者は警告なしに秘密を暴露してしまう。だとすれば、世間の目にさらしたくない秘密を持っている人にとっては、ゴシップ記者よりも恐喝者のほうがマシではないだろうか。

 


ゴシップ記者に秘密を握られれば、すべてを失ってしまう。

 


恐喝者ならカネでかたをつけることができるかもしれないし、失敗しても状況がより悪くなるわけではない。

 


恐喝にあった人は、請求された金額が沈黙に見合うなら恐喝者に対価を支払う―これは二つの悪い可能性のうち、よりマシなほうだから、沈黙の価値と恐喝の代金との差額は彼の利益になる。

 


一方、恐喝者が沈黙の価値よりも多額の金銭を要求したときは、その取引は成立せずに秘密は公になるだろう。

 


しかしながらこの場合でも、恐喝の被害にあった人は、執念深いゴシップ記者につきまとわれたときよりも悪い結果にはならない。

 

 

 

もっとも、だからといって恐喝者に対する怒りが多少なりともやわらぐ、というわけにはいかないだろうが。

 


恐喝は、必ずしも金と沈黙の交換というわけではない。それがもっともよく知られた形式であることは間違いないが、恐喝の本質は、金とも沈黙とも無関係に定義することができる。

 


一般的に言うならば、恐喝とは、「なんらかの要求に応じなければ、なにかあること(それ自体は非合法ではないこと)が行われる」と脅すことである。

 


そう考えると、世の中にはじつに多くの恐喝が行われていることがわかる。

 


そのうえ彼ら恐喝者たちは、非難されるどころか、しばしば尊敬されたり拍手喝采を浴びたりするのである。

 


スポーツ用品メーカーのナイキは、ベトナムの下請け工場で十代の児童を不当に安い賃金ではたらかせていたとして、全世界的な不買運動の標的となった。

 


NGOの活動家たちはナイキに対し、「労働条件を改善せよ。さもなくば大規模なボイコットを求めるキャンペーンを行う」と警告した。

 


この行動は、先の恐喝の定義を完全に満たしている。

 


感想

 


恐喝者を肯定するのは、説得力に欠けているので、難しいと思いました。

 


下記の本を参考にしました 

 


『不道徳教育』

 ブロック.W 他1名

 講談社

 

flier(フライヤー)

 

 

 

 

 

 

 

東大卒という生き方

こんにちは。冨樫純です。

 


本を紹介します。

 


①この本を選んだ理由

 


タイトルに惹かれて、読んでみようと思いました。

 


生きやすいのかどうなのかも気になりました。

 


②こんな本です

 


『東大女子という生き方』

 秋山 千佳

 文春新書

 

f:id:genzi1013:20220924073256j:image

 

 

 

「女性が学歴をつけても結婚できないね」


「東大なんか行ったらお嫁に行けないからやめた方がいい」

これは、本書に登場した東大女子たちが実際に母親から言われていた言葉です。

著者は取材を始めるまでは、東大女子のインタビューを通して、職場での出世を阻む日本社会の「ガラスの天井」が見えてくるのではないかと想定していました。

 


ところが実際には、もっと手前の段階で、母親や周囲の男性から「女性」として位置づけられることで生まれる生きづらさが彼女たちを苦しめていたことが分かってきました。

しかし、そのような生きづらさを感じたときに、泣き寝入りしないのが彼女たちの強さでもありました。

人生の「壁」にぶち当たっても、何度でも人生をやり直して立ち上がるレジリエンス(=再起力)を持っていたのです。


③こんな言葉が印象に残りました

 


中野さんが東大を選んでよかったと思うことはありますか。

 


(中野)面白い人たちに出会えたのが財産ですね。

 


どうあがいても勝てない天才とか。

 


自分の性格はおかしいと思っていたけど、もっとおかしな人たちがたくさんいた(笑)。

 


工学部は女子が少なくて、応用化学科は私の時で50人中5人。 応用物理だと学年に1人とかゼロの年もある。

 


特に名門の男子校からくる人たちって、女性に慣れていないんですよね。

 


だから最初はコミュニケーションがぎこちない。

 


女の子も化学の知識を持っているものだから、メイクの話をしてもあのコスメは酸化チタンの粒子が細かくてカバー力があるけど、肌荒れが心配とかね。

 


一般的な女子の会話ではないですね。

 


(中野)そうでしょう。それが面白かったんです。

 


(本文より引用)

 


④この本が気になった方への2冊はこちら

 


『東大なんか入らなきゃよかった 』

 誰も教えてくれなかった不都合な話

 池田 渓

 飛鳥新社

 


『女性自衛官

 キャリア、自分らしさと任務遂行

 上野 友子 他1名

 光文社新書

 


興味を持ってくれた方はいるでしょうか?

興味を持った方は、是非読んでみてください。

 

flier(フライヤー)

 

 

 

 

 

 

 

シャブ中は生産性を低下させるのか

こんにちは。冨樫純です。

 


独学で、社会学法哲学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル  

 


シャブ中は生産性を低下させない

 


覚醒剤に反対するまた別の議論は、「中毒者はまったくの役立たずだから、シャブ中が増えれば経済成長率が低下し、国が貧しくなる」というものだ。

 


この議論が正しければ、覚醒剤中毒は国益を害することになる。

 


この議論は、国の豊かさを覚醒剤中毒よりも有意義なものと見なしているため、一見もっともらしく思える。

 


だが実際は、経済成長の定義からしてきわめて疑わしい。

 


彼らは経済成長、すなわちGDP(国内総生産) の拡大こそが豊かさなのだと主張する。

 


だが、肝心のGDPの内訳をのぞいてみると、たとえばその10パーセント程度が政府による支出であ

るが(日本の場合、国債発行などによる借金によって、国と地方を合わせた財政支出GDPの約30

パーセント)、それがわたしたちの豊かさにどの程度貢献しているのだろうか。

 


その一方でGDPは、家庭における主婦の役割を経済指標として取り入れることができない。

 


さらに言うならば、経済成長論者は経済におけるレジャーの役割を完全に誤解している。「豊かさ」と言う場合、だれもが余暇になんらかの価値を見出すだろう。

 


だが豊かさの指標であるはずのGDPは、これをいっさい評価しない。

 


たとえば、あるすばらしい発明によって生産性が2倍に向上したとしよう。

 


人々がこれまでと同じだけはたらけば、当然、GDPも2倍になる。その一方で、人々がこの偉大な発明をこれまでの生活水準を維持するために使い、労働時間を半分(すなわち余暇を2倍)にしたならば、GDPは変わらないから、統計上は、人々はまったく豊かになっていないことになるのだ。

 


覚醒剤中毒が生産性の低下、すなわち経済成長の鈍化につながるとすれば、同様に労働時間を減らすすべての行為が経済成長を減速させ、国を貧しくするはずだ。

 


そうすると、経済成長を理由に覚醒剤に反対する人々は、夏のバカンスや、禅寺での瞑想や、森のなかの散歩にも反対しなければならず、この禁止リストは際限ないものになるだろう。

 


余暇を増やすことでより豊かな生活を送る、というのはどこも間違っていない。

 


その結果GDPが縮小して国が貧しくなるというのなら、そもそもGDPが豊かさを計る指標として意味をなさないのである。

 


感想

 


GDPが豊かさを計る指標として意味をなさないとぼくも思いました。

 


また、「豊かさ」を何で計るかも難しい問題だと思いました。

 


下記の本を参考にしました 

 


『不道徳教育』

 ブロック.W 他1名

 講談社

 

flier(フライヤー)

 

 

 

 

 

 

 

「シャブ中」を守れ

こんにちは。冨樫純です。

 


独学で、社会学法哲学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル  

 


「シャブ中」を守れ

 


覚醒剤中毒について議論する際に、「双方の話を聞け」という先人の言葉を思い出すのはよいことである。

 


なぜならば、もしも大多数の人がなにかに反対しているなら、彼らの批判とは逆に、そこに好ましいなんらかの要素があるにちがいないからだ。

 


人類の長い歴史において、多数派の意見はたいていの場合、間違っていた。

 


あなたが多数派に同意していたら、その意見に反対する者を喜んで迎え入れるべきである。

 


ジョン・スチュワート・ミル(イギリスの思想家・功利主義者)は、真理に到達するもっともよい方法は異なる意見を持つ者の話を聞くことであるとして、次のように語った。

 


「あなたの立場を疑いにさらし、その疑問にこたえよ」

 


この方法はミルにとって非常に重要で、そのため彼は、「もしもあなたの意見を批判する者が存在しないのなら、あなた自身が批判的な立場をとり、できるかぎり説得力のあるかたちでそれを示しなさい」とまで述べている。

 


覚醒剤を絶対的な悪だと信じる人こそ、「一発キメたっていいじゃないか」という議論に真剣に耳を傾けるべきなのだ。

 


「シャブ中」という現象を、その本質から検討してみよう。

 


そのためには、覚醒剤が引き起こす社会的な問題―中毒者がシャブを手に入れるために犯罪に手を染める、というようなことは除外して考えなくてはならない。

 


なぜならこうした悲劇は、国家が覚醒剤の販売を法によって禁止することから引き起こされているからだ 。

 


覚醒剤中毒における外部的な問題を検討の対象から外すならば、中毒の本質とは、利用者に対する覚醒剤の影響そのものにほかならない。

 


シャブの悪影響のトップに挙げられるのは、中毒者の寿命を短くするという批判だろう。

 


中毒者の年齢や健康状態、専門家の立場によっても異なるが、麻薬常習者の寿命は一般の人に比べて10年から40年短くなると言われている。

 


これはほんとうに不幸なことであるが、だからといって覚醒剤の使用を法で禁止すべきだという根拠にはならない。

 


ある人がどのような人生を選ぼうが、その人の勝手である。

 


楽しいことをいっぱいして太く短く生きたい人もいれば、いろんなことを我慢しても細く長く生きたいと考える人もいるだろう。

 


生き方の選択にはどれが正しいという客観的な基準はないのだから、不合理だとか、あやしげだ

とかいう理由で他人の人生を非難することはできない。

 


ある人は、酒、タバコ、ギャンブル、セックス、旅行、道を横断すること、議論に熱くなること、激しい運動などをあきらめても長生きしたいと考えるかもしれない。

 


別の人は、たとえ寿命が短くなってもこれらのうちのいくつか、あるいはすべてを楽しもうと決めるかもしれない。

 


薬物中毒を非難する別の有力な議論は、それ人々の責任能力を失わせるというものである。

 


よく言われるように、覚醒剤中毒の父親は、家族に対する経済的・社会的責任を果たすことがで

きない。

 


ここまではわたしも同意するが、だからといって覚醒剤の使用や販売を禁止すべきだということにはやはりならない。

 


なんらかのかたちで責任能力を喪失させる恐れのあるものをすべて禁止するのなら、飲酒はもとより、パチンコ・パチスロ・競馬・競艇・競輪の類もすべて法で禁止しなければならない。

 


死んでしまえば責任の果たしようもないから、車の運転、飛行機での移動、登山やスキューバダイ

ピングなど、潜在的な危険を有する行動もすべて禁止するべきだろう。

 


だが、これは明らかに馬鹿げている。

 


覚醒剤は自分一人の楽しみとして使用を許可し、家族に迷惑をかける恐れがある場合には禁止すべきだろうか。

 


そんなことはない。

 


結婚をすれば、夫は妻に(妻は夫に)責任を負うことになるが、だからといって危険をともなう行為を断念することに同意したわけではない。

 


結婚は奴隷契約ではなく、相手が不安に思うことをする自由を妨げるものでもない。

 


テニスによる心臓発作を心配した妻が、「夫がテニスに行くのを法で禁じてほしい」と言い出したら、あなたはなんとこたえるだろうか。

 


感想

 


人類の長い歴史において、多数派の意見はたいていの場合、間違っていた、という箇所がおもしろかったです。

 


多数決で決着することを疑うべきかもしれないと思いました。

 


下記の本を参考にしました 

 


『不道徳教育』

 ブロック.W 他1名

 講談社

 

flier(フライヤー)

 

 

 

 

 

 

 

「ポン引き」の本質は仲介業者

こんにちは。冨樫純です。

 


独学で、社会学法哲学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル  

 


「ポン引き」の本質は仲介業者

 


ポン引き業におけるポン引きの役割とは、「ブローカー」である。

 


不動産会社や保険会社や証券会社や投資顧問会社商品先物取引会社などのブローカーと同様に、ポン引きは取引を希望する二人を、彼らが自力で相手を探すよりもずっと安いコストで引き合わせる役割を果たす。

 


ブローカーを利用した顧客は、取引のいずれの側も、その仲介によって利益を得ている。

 


そうでなければ、そもそもブローカーが存在する理由がない。

 


このことは、ポン引き業でも同じである。

 


女の子と遊びたい客は、気に入った娘が現れるまでむなしく待ったり、盛り場を探し歩いたりする手間を省くことができる。

 


デートサービスの会社に電話して、「若くてかわいい娘を一人よろしく」と頼めばいいだけだからだ。

 


自分で女の子を探すよりずっと楽だし、おまけに注文した娘がちゃんとやってくるという保証までついている。

 


感想

 


「ポン引き」と聞くと、否定的な見方をしていましたが、仲介者と考えるとそうでもないと感じました。

 


下記の本を参考にしました 

 


『不道徳教育』

 ブロック.W 他1名

 講談社

 

flier(フライヤー)