とがブログ

本の紹介と、ぼくの興味があるテーマについて書きます。

 「濡れ落ち葉」の人生

こんにちは。冨樫純です

 


独学で、社会学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル 

 


「濡れ落ち葉」の人生

 


さて、なんとか定年離婚にはいたらず、老妻と老後を無事に迎えられた場合でも、定年後の男たちの仕事がなくなった生活には、さまざまな苦難が待ち受けている。

 


それまで「仕事人間」として頑張ってきた男性たちの生活スタイルは、定年後の男たちの生活に大きな変化をもたらす。

 


なにしろ自分のアイデンティティを支えていた「仕事」「肩書」「名刺」がなくなるのだから、その精神的ショックは大きい。

 


それは、ある種の空虚感をもたらすだろう。

 


実際、定年退職直後、病気になったり、退職後2年以内に亡くなったりする男性が多いといわれる。

 


会社はなくなっても、家庭に自分の居場所があるわけでもない。

 


仕事第一で、家庭でのコミュニケーションもろくにしないままに、「妻は黙っていてもわかってくれているはずだ」と思い込み、家事や育児は妻にまかせっきりでやってきた男性たちだ。

 


テレビのスポーツ観戦と接待ゴルフ以外の趣味もなく、仕事以外の友だち関係もほとんどない。

 


PTA活動や自治会活動などの地域活動は妻まかせ、そのため地域に知り合いもほとんどいない。

 


こうした男性たちが老後を迎えたとき、待っているのは、「濡れ落ち葉」の人生だ。

 


妻たちは、日ごろの「生活人」の日常の中で、地域社会に自前のネットワークをつくっている。

 


心配事の相談に親身にのってくれる人、一緒に旅行を楽しむことのできる友だち、同じ趣味をもつ

仲間……。

 


そうした友人・知人は、一般に夫たちと比べてはるかに多いはずだ。

 


また、子どもたちとのコミュニケーションも、夫たちとは比べようもなく深いだろうと思う。

 


というのも、日本の男たちは、生活費を稼ぐ「父親である (being father)」ことはあっても、子育てをしながら深い感情的な絆を子どもとの間につくりだす「父親になる (becoming father)」ことを、これまで避けつづけてきたからだ。

 


結果は、妻にまとわりつき、「掃いても掃いても、まとわりついて離れない~濡れ落ち葉 」などと揶揄されることになる。

 


あるいは、妻たちが出かけようとすると、ワシも。といってつきまとう「ワシも族」になったり、「ワシのメガネは」「ワシの新聞は」と、何かというと「ワシ」を主張する「ワシ男」として迷惑がられたりすることになる。

 


こうした「濡れ落ち葉」の男たちは、女性たちにはおおいに迷惑だ。

 


最近話題の「主人在宅ストレス症候群」などは、その典型といえるだろう。

 


カウンセラーの清水博子さんの書いた『夫は定年(うろうろ)妻はストレス(イライラ)』(青木書店)は、とくに定年後の「夫在宅ストレス症候群」についての興味深いレポートになっている。

 


そこにみられるのは、「夫と家にいるのがたまらない」「夫が憎い」「たまに一日ぐらいどこかへ行ってくれれば、どんなにか私は気が楽なのに」といった、妻たちの叫びともグチともつかない声だ。確かに、夫たちが外で働いている頃には、食べるものも自由に選べるし、外出も気軽にできた。

 


やがて、それが、定年後、夫が家にいるようになると、夫に気を使わざるをえなくなる。

 


本当の「自分」が失われてしまったように感じ、ストレスがたまっていく。

 


こうしたケースは、いわゆる「自立」した意識をもった女性よりも、夫を「主人」と言って「たてる」ことが身に染みついている妻に多いという。

 


「主人在宅ストレス症候群」と呼ばれるのは、そうした理由からだ。

 


清水さんは、「主人」という言葉があまり好きでないようで(ぼくも嫌いだが)、この本では「夫在宅ストレス症候群」と呼んでいる。

 


それにしても、自分の定年後に、妻たちが次のように感じているということに、世の定年後の「ご主人」たちは、どんなふうな感想を抱くだろうか。

 


こんな気持ちは初めてなのですが、もうこのまま家にいるのがたまらなくて……。私が妻として至らないのだと思いますが、本当に主人といっしょにいたくないのです。

 


そうかといって、今さら別居だの離婚だのは考えられません。私の心構えがいけないのだろうと思いますが、どうにもうっとおしくてたまりません。

 


近ごろは顔を合わせないようにしていますし、ほとんど目を合わせることもしません。

 


しかし、向こうは私のそんな変化にも全然気がついていないようで態度が変わらず、その姿を見ると、また私はイライラしてしまいます。

 


感想

 


熟年離婚と言われますが、このような背景があるのだと思いました。

 


下記の本を参考にしました 

 


男性学入門』 

 伊藤 公雄

 作品社

 

flier(フライヤー)

男性のコミュニケーション能力不足

こんにちは。冨樫純です

 


独学で、社会学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル 

 


男性のコミュニケーション能力不足

 


夫婦間のディスコミュニケーション"を作りだしているのは、どちらかといえば男たちの方であるのも明らかだろう。

 


原因は、男たちの「黙っていても、妻はわかってくれている」という思い込みばかりではない。 

 


そもそも、男たちの多くは、コミュニケーションが下手なのだ。

 


ニッセイ基礎研究所が行なった「夫婦のコミュニケーション・タイプ」についての調査がある。

 


これによれば、都市部での夫婦のコミュニケーションのスタイルで一番多かったのは、「沈黙」だったそうだ。なんと、これは36.4%もある。

 


次が「妻が一方的にしゃべる」で、32.4%だったそうだ。

 


「夫婦の対話」(22.7%)、「夫だけが一方的にしゃべる」(8.5%)とつづく。

 


つまり、7割近い夫たちが、ほとんどなにもしゃべらないということだ。

 


そもそも男性たちは、コミュニケーションの能力が弱いのたという議論もある。

 


ある研究者の説によると、それは幼児期の育てられ方に由来しているという。

 


男子は女子に比べて母親に精神的分離を強く要求される傾向があり、そのことが男性たちの強い支配への欲望とともに、感情の抑制や他者との深い共感に基づくコミュニケーション能力の欠如を生みだしているという。

 


また、企業社会は、男性の感情表現を含めたコミュニケーション能力をさらにそぐことになる。

 


仕事の上の会話では、無駄や過不足は許されないし、相手に言質をとられないような配慮も必要だ。

 


他者との深い感情的つながりを表現するようなコミュニケーション能力は、こうして、男性からますます奪われていくのだ。

 


感想

 


そもそも男性たちは、コミュニケーションの能力が弱いのたという議論がおもしろいと思いました。

 


もう少し深掘りしたいと思いました。

 


下記の本を参考にしました 

 


男性学入門』 

 伊藤 公雄

 作品社

 

flier(フライヤー)

帰宅拒否症候群とは

こんにちは。冨樫純です

 


独学で、社会学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル 

 


家に帰れないお父さんたち―「帰宅拒否症候群」

 


どんな会社にも、退社時には独特の雰囲気が流れます。

 


仕事後の疲労感、何かを成し遂げたという充足感、会社からの解放感……、そんな気分を抱えたまま、それぞれのアフター・ファイブが始まります。

 


飲み屋で仲間と一杯やる人、デートの待ち合わせに急ぐ人、わき目もふらずに真っ直ぐ家へ帰る人もいるでしょう。

 


そんななかで、帰宅拒否症候群の人はいつまでたっても自分の机を離れようとしません。

 


後片付けなどをするともなしに、同僚が全員いなくなるまで会社に残っています。その動作は鈍く、表情は暗い。

 


ガランとした職場を見渡し、しかたなく席を立ち重い足取りで社屋を出て行くのです。

 


帰るべき家があり、妻子がいて、心身ともに仕事の疲れをいやすべき憩いの場があるはずなのに、帰りたくないと思う。心の奥底では「帰りたい、帰らなければ」と感じていながら、まったく別の行動をとってしまいます。

 


関谷透さんの書いた『帰宅拒否症候群――お父さんはもう帰れない』(プラネット出版)の一部で

ある。

 


家に帰りたいのに帰れない。飲み屋に入って時間をつぶしたり、喫茶店でボーッとして時間をつ

ぶす。

 


深夜、自分の家の門まで来ているのに、入る気になれない。なかにはカプセルホテルを定宿にしている人もいるという。

 


ひどい場合は、仕事もないのに休日出勤するケースもあるらしい。

 


関谷さんによれば、この帰宅拒否症候群の背景には、現在の会社人間たち全般に共通する「ストレ

ス洪水」があるという。

 


とくに、中高年にもなれば、OA化についていけない、エリートコースからはずれてショックを受ける、上司と部下の板挟みにあって悩む、部下に無視される、せっかく栄転したのに、栄転したとたん目的を見失って無気力になってしまう、といったことはよくあることだ。

 


こうした会社でのストレス=疎外感に加えて、「家庭に居場所がない」「妻が子どもといっしょになってバカにする」「家族から無視されているように感じる」といった、家庭からの疎外感という、ニ重の疎外感が、男性たちを「帰宅拒否症候

群」に追いやるのだろう。

 


関谷さんは、男性の帰宅拒否症候群からの脱出

のためには、何よりもまず「妻がお父さんを大切

にする」ことが重要だという。

 


出世や収入や健康管理のことをうるさく言ったり、家庭での居場所を制限したり、子どもといっしょになって無視したりすることをやめ、お父さんをもりたててやることが、解決の最良の手段というわけだ。

 


「そうだ、そうだ」と、うなずいているお父さんも多いかもしれない。ただし、ぼくは、帰宅拒否症候群の原因は妻子の方ばかりでなく、男性の方にもあると思う。

 


古い「男はこうだ」という思いに縛られた男性たちが、会社でスポイルされ、「せめて家庭では男らしく」と思っても、そこにも居場所がないというのが、この帰宅拒否症候群の背景にあると思うからだ。

 


たとえば、この帰宅拒否症候群の治療法に、給料を銀行振り込み制から手渡し制にするというのがあるそうだ。

 


給料日に、家で「これで一月やっていくように」と、ぽんとテーブルの上に給料袋を叩きつける。

 


これで、帰れなかったお父さんがけっこう帰れるようになるという。

 


たぶん「誰が稼ぎ手なのか」を家族の前で示せたことで、自信を取り戻せるようになるのだろうと

思う。

 


多くの日本の男性たちは、家計管理を妻まかせにしている。夫が家計を握る場合が少なくない欧米の女性たちからみると、けっこう意外に見えるらしい。

 


もちろん、夫婦関係や子どもとの関係を、良好なものにすることが大切なのはよくわかる。

 


しかし、その責任を、一方的に家族の方に押しつけるのはどうかと思う。むしろ、現在の家族関係を、うまくつくれなかった自分の責任についても自覚する必要がある。

 


その意味で、家族とのコミュニケーションを広げるとともに、自分がとらわれている固定的な「男はこうあるべし」という思い込みに気づき、そこから自由になることも、帰宅拒否症候群からの脱出法としては重要なのではないかと思う。

 


感想

 


一昔前に少し話題になった現象だと思いますが、その原因が分かりました。

 


大人でも子どもでも自分の居場所はやはり大事だと思いました。

 


下記の本を参考にしました 

 


男性学入門』 

 伊藤 公雄

 作品社

 

flier(フライヤー)

過労死

こんにちは。冨樫純です

 


独学で、社会学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル 過労死

 


無事に、結婚生活がおくれるようになったとしても、男性たちにとって、男性中心で、会社本位主義"の日本社会はそう甘くはない。

 


会社本位主義の日本を象徴する最も残酷な例は、

過労死だろう。もちろん、女性の過労死も存在しているが、その圧倒的多数が男たちであるのも事実だ。

 


その数、推定で年間1万人という。ほぼ、交通事故死者数(年間)と同じくらいの数なのだ。

 


「過労死110番」の弁護士さんの話によると、過労死で死んでいく男たちの圧倒的多数が、妻が専業主婦であるという。

 


「家のことは妻にまかせた」といって、昼夜にかかわらず働きつづけ、そのあげくに身体を壊したり、あるいは死んでいく男たち。

 


これもまた、「男は仕事」という、現代日本の男性文化の生みだした悲劇といえるだろう。

 


男性の中には(そして、ときには女性の中にも)「いや、やっぱり男たるもの仕事ができてこそ、一人前だ」とおしゃる方もまだまだおられるだろう。

 


そんな方たちは、過労死で夫を亡くした妻の、次のような言葉にどう答えるのだろう。

 


夫が亡くなったとき、会社は退職金650万円と、亡くなった月の働いた日数分だけの賃金を送ってきました。

 


亡くなってからのぶんは、欠勤扱いできっちり賃金カットされていました。

 


会社は夫に8社の生命保険をかけていました。

 


これは本人も知らないうちにかけられていたもので、保険金はすべて会社が受理しました。

 


元気で働いているときには、よくやる、できる、任せて安心、と持ち上げ、死後、妻が労災申請をすれば「酒の飲み過ぎが原因だろう」と個人の責任に転嫁し、「過労死になるほどの仕事をさせていない」と申請書類の捺印も拒否。

 


しかも、夫が死んで入った保険金で、会社は丸儲けです。悔しさで五臓六腑が張り裂けそうです。

 


夫たちよ、あなたが死んで泣くのは、会社ではなく、家族であることを肝に命じてください。

 


会社はあなた一人死んでも、痛くも痒くもないのです。

 


それどころか、適当な時期に死んでもらったほうが、退職金は少なくてすみ、保険金はおつりがくるほど入るのです。

 


日本の終身雇用制度はまっ赤なニセモノです。自分のため、家族のため、どうか、働き方を見直してください。

 


感想

 


過労死の原因の一つが、「男は仕事」という、現代日本の男性文化にあることは否定できないと思いました。

 


また、過労死のニュースを見るたびに、なぜ会社を辞められないのかと個人的には思います。

 


下記の本を参考にしました 

 


男性学入門』 

 伊藤 公雄

 作品社

 

flier(フライヤー)

コンビニ人間

こんにちは。冨樫純です。

 


本を紹介します。

 


①この本を選んだ理由

 


小説はあまり好きではなかったぼくですが、動画などを見て、少しずつ興味がわきました。

 


分量が少なく、有名なものなので読んでみようと思いました。

 

 

 

②こんな本です

 


コンビニ人間

 村田 沙耶香

 文春文庫

 

f:id:genzi1013:20220517193737j:image

 

 

 

 

 

「いらっしゃいませー!」お客様がたてる音に負けじと、私は叫ぶ。

 


古倉恵子、コンビニバイト歴18年。

 


彼氏なしの36歳。

 


日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる。

 


ある日婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて…。

 


現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作。

 


③こんな言葉が印象に残りました

 


「あ、そうだ、麻美、何かもっと SS言い訳ってない? 最近、身体が弱いっていうだけじゃ、怪訝な顔されるようになっちゃった」

 


「……うーん、考えてみるね。お姉ちゃんはリハビリ中なんだから、身体が弱いっていうのも、全部言い訳や嘘っていうわけじゃないんだよ。堂々としてていいんだよ」

 


「でも、変な人って思われると、変じゃないって自分のことを思っている人から、根掘り葉掘り聞かれるでしょう? その面倒を回避するには、言い訳があると便利だよ」

 


皆、変なものには土足で踏み入って、その原因を解明する権利があると思っている。

 


私にはそれが迷惑だったし、傲慢で鬱陶しかった。あんまり邪魔だと思うと、小学校のときのように、相手をスコップで殴って止めてしまいたくなるときがある。

 


(本文より引用)

 


④この本が気になった方への2冊はこちら

 


博士の愛した数式

 小川 洋子著

 新潮文庫

 


『カラフル 』

 森 絵都著

 文春文庫

 


⑤感想

 


想像していたよりかなり面白かったです。

 


特に、主人公の「普通」ではない独特な感性が印象的でした。

 


興味を持ってくれた方はいるでしょうか?

興味を持った方は、是非読んでみてください。

 

flier(フライヤー)

 

 

 

 

 

 

 

男の子と自殺

こんにちは。冨樫純です

 


独学で、社会学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル いじめ自殺は、圧倒的に男の子

 


多くの雑誌に「男性特集」が登場する背景には、さまざまな男性問題の顕在化がある。

 


男性問題は、なにもリストラで悩む中高年男性の問題だけではない。

 


それは、世代を超えてさまざまなレベルで噴出し、90年代の悩める男の一生、となって現われている。

 


その一つの例が、「いじめ自殺」だ。

 


いじめ自殺と男性問題、などというと意外に思われるかもしれない。

 


というのも、いじめ自殺の背景には、現代日本社会がかかえるさまざまな問題が複合的にからみあっているからだ。

 


受験の勝利をゴールとするような学歴による序列社会、制服・丸刈り・校則の縛りなどにみられる管理教育、タテマエとしての「平等」という名の横並び文化が生み出した、個々の人格を無視した実質的な人権破壊、メディア社会が生み出した、現実感の希薄化と身体性・身体感覚の喪失、学校の外部に対しては「問題はなかった」としか言わない~事なかれ主義型の学校の対応 、研修や日常的管理の強化の中で締めつけられている教師たちの現状 ……。

 


まあ、ちょっと思いつくだけでも、いろんなことが出てくる。

 


しかし、ここでは「男性問題」という観点から、いじめ自殺の問題を考えてみたいと思う。

 


というのも、自殺した子どもたちを、ジェンダー・センシティーヴ(「男らしさ」や「女らしさ」といった性別による枠づけの問題性に意識的な態度)な視点から見ていくと、はっきりわかることがあるからだ。

 


1993年から95年にかけて、いじめによる自殺と報道されたケースを見ていくと、いじめで自殺していく圧倒的多数は、中学2年生前後の男子生徒、だということだ。

 


自殺するのが中学2年生前後という問題も、重要な要素を含んでいるが、ここではふれない。

 


強調したいのは、いじめによって自死に追い込まれた子どもの8割強が男の子だ、という事実だ。

 


このことを別の角度から考えてみよう。

 


「いじめ電話相談」を開設している保坂展人さんたちによると、「いじめ」で電話をかけてくるのは、圧倒的に女の子だという。

 


つまり、いじめ自殺という点では大多数を占める男の子たちは、いじめ電話相談などには相談をもちかけたがらないということだ。

 


そこに、「男はこうであるべき」という強い思い込み、の影響はないだろうか。

 


「男は、弱みをみせてはならない」「男は、自分の感情を表に出してはならない」「男は、がまんしなければいけない」といった〈男らしさ〉の縛りが、男の子たちを電話相談や身近な人への悩みの告白から遠ざけているということはないのだろうか。

 

 

 

また、いじめ自殺をした男の子たちの遺書には、しばしば、性的ないじめ(裸にされた、ペニスに

いたずらされたなど)によって、深い心の傷を受けたという文章が見受けられるのも気になるところ

だ。

 


性的に痛めつけられることで(とくに「男性のシンボル」とされるペニスを傷つけられることで、彼らの心の中にすでに棲みついている「男である」という「誇り」が傷つけられ、一種のアイデンティティ・クライシス』に陥ってしまうのかもしれないとも思う。

 


〈男らしさ〉に縛られ、傷つき、他者に助けを求めるすべもないまま、自分の内部へ内部へと問題

を抱え込み、それが抱え込みきれなくなったとき、死を選ぶ。

 


そんな悲惨な想像さえしてしまう。

 


男の子といじめ自殺、という問題について、いじめ自殺と取り組んでいる方に、一度じっくり聞いてみたいものだと思う。

 

 

 

感想

 


男の子のいじめ自殺が報道が多い気がします。

 


ぼくも専門家の話を聞いてみたいと思いました。

 


下記の本を参考にしました 

 


男性学入門』 

 伊藤 公雄

 作品社

 

flier(フライヤー)

近代的キニク主義とは

こんにちは。冨樫純です

 


独学で、社会学を学んでいます。

 


そこから、個人的におもしろいと感じたところを引用し、感想を書きたいと思います。

 


タイトル 「近代的キニク主義」と「倦怠」

 


近代以降のこの精神的磨耗の独特のあり方をジンメルに即して次に見てみよう。

 


彼によればそれは「近代的キニク主義」と「倦怠」と表現できる心性なのだ。

 


まず「近代的キニク主義」から見ていこう。

 


「キニク主義」とはもともと、古代ギリシャの哲学の一派であり、世間一般に流布している価値観から徹底的に距離をとることによって、「個人の無条件的な魂の強さと道徳的な自由」を追求しようとする態度を特徴としていた。

 


世俗的な富や名声を徹底的にあざけることから、別名「シニシズム(冷笑主義)」ともいわれた。

 


さて、ジンメルがこの「キニク主義」という言葉を貨幣関心が極端に強まった現代的傾向を生きる人間たちの心性に適用しようとしたのは次のような理由からだ。

 


つまりキニク主義の本質として、あらゆる価値が帯びる差異に対して等しく「無関心」を装うという特質があり無関心という態度こそが唯一の価値的態度であるとされるわけだが、こうした態度はまさに「貨幣的」な態度なのだ。

 


「キニク主義者の生活感情は、最高の価値でさえ低いこと、価値の差異が幻想であることを理論的にも実践的にも証明したとき、はじめて適切に表現される。この志向にもっとも有効にかなうのは貨幣の能力であり、これは最高の価値をも最低の価値をも一様にひとつの価値形式へ還元し、そうすることによってそれらの価値を、いかに異なった種類と程度の価値が問題になろうとも、同じ原理的な水準にもたらすのである。」

 


あらゆる「事物の価値」そして「人格的価値」も貨幣に還元されて表象され、せいぜい貨幣「量」の違いとしてしか認識されない。

 


人びとの生活感情が世界をこのように分節化する方向で時代が進行していることをジンメルは「近代的キニク主義」といういい方で表現しようとしたのである。

 


こうした傾向がもっと極端に進行したときに「倦怠」という心的感覚が蔓延する。

 


これはいわゆる〈ニヒリズム(虚無主義)〉とほとんど同義であると考えられる。

 


ジンメルがいう「倦怠」というニヒリズムとはどのような状態であろうか?

 


近代的キニク主義の段階では、貨幣という「平準化」装置によって一元化されてはいるが、まだ

「価値」というものに対する一定の反応が見込まれている。

 


しかし「倦怠者はその―たしかに完全には実現されない―概念からして価値感覚一般の差異に対して無感覚となり、彼はすべての事物を一様に気の抜けた灰色の音調において感じ、そのことによって、ある反応へ、とりわけ意志による外界への反応へと刺激されることを価値なきものと感じる」までに至る。

 


人間が生きる意欲(=生に対する欲望)をもてるのは、価値の多様性を感覚でき、その多様な価値の世界のなかから自分の獲得すべきアイテムを特定化できる場合であることが多い。

 


価値の多様な相違を、そのなかから自分にとってとりわけ意味のある価値を浮き彫りにできることは、それだけで「まったく生き生きとした感情と意欲」を涌き起こす原動力になる。

 


しかし、「生活のありとあらゆる多種多様な可能性をまさに同じ貨幣額で所有することができるという事実がひとたび人を内的に支配すれば、人はまさしく倦怠を感じるに違いない」

 


つまりあらゆる物やサービスがお金さえ払えば味わうことができるという状態は、自分が味わおうとする喜びのすべてが〈予測可能〉であるということを意味する。

 


つまり未知なものを味わうという人間本来の生の享受のあり方がそこでは失われてしまっているのだ。

 


感想

 


世間一般に流布している価値観から徹底的に距離をとることによって、「個人の無条件的な魂の強さと道徳的な自由」を追求しようとする態度をとる「近代的キニク主義」の考え方がレアだと思いました。

 


現代人には考えられない思想だと思いました。

 


下記の本を参考にしました 

 


ジンメル・つながりの哲学 』

   菅野 仁

   NHKブックス

 

flier(フライヤー)