とがブログ

本の紹介と、ぼくの興味があるテーマについて書きます。

わかりやすく哲学を学ぶ

こんにちは。冨樫純です。

 

本を紹介します。

 

①この本との出会い

 


哲学を学ぶ入門書を探している時、人気があったので、読んでみようと思いました。

 


②こんな本です

 


『史上最強の哲学入門 』

   飲茶著

   河出文庫

 

f:id:genzi1013:20200224081553j:image

 


真理に殉じた最強の論客ソクラテス、近代哲学の偉大なる父デカルト、神を殺した狂気の超人ニーチェ……強者の論を踏み台に、きらなる強者が

出現する。

そう、哲学の歴史はまきに闘い! 偉大なる哲学者

たちが繰り広げてきた、頭脳と頭脳の闘いの歴史を、驚異的な噌み砕き方でわかりやすく紹介。

最強の哲学入門書、降臨! (本文より引用)

 


③こんな言葉が響きました。

 


僕たち日本人は「絶対的な神を信仰する」という概念になじみが薄いから、あまりピンと来ないかもしれないが、西洋人たちは、神様万歳の中世時

代を一〇〇○年間もずっとやってきたのだ。

 


彼らの心には、信仰という文化が深く根づいてしまっている。だから、どれだけ神の名のもとに戦争が行われようと、そのせいで、どれだけ人が死に血が流されようと、基本的に彼らは神に対する信仰を忘れたりはしないのである。

(本文より引用)

 


④この本が気になった方への2冊はこちら

                               

『史上最強の哲学入門 』東洋の哲人たち

   河出文庫

   飲茶著

 


『正義の教室 善く生きるための哲学入門』

 ダイヤモンド社

 飲茶著

 


興味を持ってくれた方はいるでしょうか?

興味を持った方は、是非読んでみてください。